トップページ医学部予備校の基礎と予備校の正しい選び方 > 医学部予備校の学費を比較

 

評判の良い医学部予備校の学費を比較

医学部予備校はそれぞれ学費に違いがあります。そこで、ここでは当サイトで紹介している評判・人気の医学部予備校の学費を比較して行きます。
【1】進学塾ビッグバン
・フルサポートコース(入塾諸経費+レギュラー授業+夏期講習会+冬期講習会トータル)5,722,080円(税別)
・フルサポートコース特待選抜クラス3,622,080円(税別)
・エクシードコース(入塾諸経費+レギュラー授業+夏期講習会+冬期講習会トータル)4,869,000円(税別)
・エクシードコース特待選抜クラス2,869,600円(税別)
【2】メルリックス学院
・私立医学部選抜コース(1クラス17名)入学金+年間授業料2,340,000円(税別)
・私立医学部受験コース(1クラス9名)4,176,000円(税別)
・私立歯学部受験コース(1クラス9名)3,408,400円(税別)
・完全個別コース4,744,000円(税別)
【3】医学部受験専門予備校YMS
不明/学費については直接問い合わせして下さい
【4】メディカルラボ
・高卒生科(入学金+個別カリキュラム管理費+年間授業料)4,860,000円(税別)
・現役生科(入学金+個別カリキュラム管理費+年間授業料)735,600円~
【5】ウィンダム
・一括の場合2,760,480円~3,223,800円(税込)
・二分割の場合2,800,000円~3,260,000円(税込)

医学部専門予備校の学費を抑えるコツ

医学部専門予備校に入学したいと思っても高額な学費に頭を抱えてしまうこともあるでしょう。通常、医学部専門予備校の学費は300万円~600万円であり、その高額な学費により入学を諦めた方も多いと思います。しかし、そんな高額な学費を抑えるコツがあるのです。コツとは言っても決して裏技ではありません。正当な理由で学費を抑えることができるのです。それは・・・『特待生枠で入学すること』です。予備校の選抜試験で優れた成績を収めれば、通常入学でなく特待生枠で入学することが可能です。特待生枠の場合、通常学費よりも100万円ほど安い学費で授業を受けることができます。全額免除制度を設けている予備校もありますからチャレンジしてみると良いと思います。また、医学部専門予備校によっては一括払いではなく月謝制を採用しているところもあります。月謝制であれば、最初に大金を用意する必要がないので安心です。

大学医学部に入学後の費用について

医学部専門予備校に入学し、スムーズに希望の大学医学部に合格しても安心するのはまだ早いと言えます。なぜなら大学入学後もさまざまな費用が発生するからです。私立大学医学部の場合、入学から卒業するまでに2,000万円以上の費用が掛かると言われています。高い大学ですと5,000万円以上掛かる事もあるそうです。家庭が裕福である場合には問題ありませんが、そうでない場合は私立大学医学部入学は結構きびしいと言われています。そのため、医師を目指す多くの方は国立大学医学部に進学するとされています。ただ、日本には奨学金制度というものがあります。奨学金制度を利用するならば、医学部生の場合、月額16万円の援助をしてもらえます。毎月16万円×6年間の援助をしてもらえるため、学費自己負担は1,000万円ほどで済むという仕組みです。

このページの先頭へ